自閉症の判定基準
 ―高機能広汎性発達障害と関連してー
東京学芸大学 太田昌孝

われわれは、自閉症の判定基準の作成についての研究を行ってきている。この研究の基本目標は、見えない病といわれている様に実際に分かりにくい自閉症について、知能の高低や年齢に関わり無く、全ての自閉症児者をカバーする、適切な判定基準を作ることにある。判定基準を作成することにより、全ての自閉症児者の生活と社会参加の向上に寄与できることを目指すものである。この判定基準が行政に反映され、高機能自閉症児者の不利の是正を含め、自閉症児者が障害に見合った適切な福祉的施策を受けられることを期待するものである。それとともに、自閉症児者の教育的、医療的施策あるいは就労・雇用施策などにも反映でき、総合的な支援や施策のための判定基準とすることも含まれている。結果として自閉症の鑑別診断をする基準となることも射程に入れている。こでの自閉症の範囲は、ICD-10あるいはDSM-IVにおける広汎性発達障害を指す。自閉症圏障害もまた同意語とみなす。また、自閉、自閉傾向という用語で括られる障害も含んで良いとした。
ここでは、まず、第1に現在使用している判定基準α3.2版についての概略を述べる。第2に平成11年度に作成した自閉症判定基準案α3.0版を用いておこなった、より広い範囲の専門家、臨床家などに意見を聞くために行ったアンケート調査を紹介する。第3には、高機能自閉症圏障害者について、自閉症判定基準α3.2版における福祉的処遇上の妥当性の検討について述べる。

参考文献

資料
pdfファイル